馬子唄鈴

サムネイル

信州が発祥の民謡の馬子唄で使われます。
輸送や交通の手段を馬に頼っていた昔、上野(群馬県)から信州を目指す時、旅人や馬子達は礁氷峠-軽井沢-追分と進みました。この追分までの道が険しかったため、馬に鈴をつけて唄を歌いながら旅をしたのが馬子唄のはじまりです。馬子唄鈴は馬につけた鈴を模して作られています。

使用用途:舞踊など        価格:¥3,100

商品名本体価格単位商品番号
 馬子唄鈴(赤.紫) ¥3,100 52039

本体価格には、消費税が含まれておりません。

このページの一番上へ